NARUTOSTAR

WJ掲載の人気漫画『NARUTO-ナルト』について語るブログです。主に原作の感想、考察などを中心としています。最近はトリコ、バクマンなどにハマり、気になった漫画の感想もしています♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

No.416:ド根性忍伝+α

こんにちは!昨日YouTubeで「るろうに剣心 追憶編」を見てました。昔、しかも何度も見たことがあったのですが、改めて見てもやっぱりイイ!!これはクオリティが高く、感傷的で、そう、まるで今のNARUTOのサスケみたいで…。

下にYouTubeを張り付けていますが、この三つは四章なので一度も見たことがない人は第一章から見ることをお勧めします(全部で12個あるので全部張り付けていたら大変なことになりそうなので、初めは割愛させてもらいます(笑))

ん~それにしても、YouTubeっていろいろなアニメとかが投稿されていますが、著作権に引っかからないのでしょうか。著作権法には“引用は可”と書いてあるので、引用扱いされているということでしょうか。…そんな疑問は愚問でしたね。私は投稿されいて喜んでいる人間なのでいらぬお世話でした(笑)。

追記
えーと、YouTubeを張り付けていたのですが、ご指摘がありまして、商業商品の動画(違法の可能性のある動画)を張り付けるのはあまり良くないと思いましたので、ハイパーリンク程度にしておきました。

第四章その1

第四章その2

第四章その3





で、感想なんだけど…。

剣心がサスケやイタチと被って見えてしまうのですがどうでしょう。全てが重なっているわけではないのですが、所々匂わせるものがあるような気もします。この幕末の狂乱が今のNARUTOの忍の世と少し似ているような…。

ただ、サスケのコスチュームは十中八九(おそらく(汗))この頃の剣豪を意識したものだと思います。私の記憶では、どこかで読んだのですが、キッシーはもともと忍者よりも剣士を描きたかったと言っています(たしかコミックか何かにかいてあったと…。どこに書いてあったか探せませんでした(汗)。)しかし、キッシーが漫画を描こうとした頃、すでに剣士物は出回っていて、それが凄い作品で、仕方ないから忍者にした、なんて言っていたという記憶が私の中で偏在しています(笑)

だから、サスケの第二部のあのコスチュームはそれを意識したもので、さすがに全て着物にすると忍者っぽくないから、下はニッカポッカにしよう…って感じなのですかね。

ちょっと余談でした。話を戻して…

ん~なんというか。少し前まではサスケはこの剣心の境地に近いものだと考えていました。ところがサスケは木ノ葉皆を殺すと宣言しています。しかも憎しみに任せて…。サスケの波際での黄昏は剣心の抱いているものに近いのかな~と考えていたのですが、今のサスケとはやはり違う。剣心とはイタチの方が近いのかな…。

守るモノ無き戦いは確かに過酷で、その後には何も残らない。今のサスケに守るモノはあるのだろうか。うちはの仲間。両親。イタチ。

サスケに今必要なモノ…それは新たな繋がりだと思う。サスケは今までの繋がりを断ち切られました。特に最大のものはイタチでしょう。今、本当の意味で全てを失っているのだと思います。

“鷹”という繋がりもできましたが、これではまだ小さい。ナルトがサスケにその繋がりを教えるとき、サスケは闇の中から解放される気がします。こんなサスケを幼いと表現するのは適切ではなかったかもです。でも、誇れる生き方でもないと思うんだな、うん(何故デイダラ?)

繋がりができた時、人はそれを守りたいと思うようになる(byイルカ)。そして、それはどんな憎しみにも打ち勝つ力を秘めている。そんなストーリーがこれから描かれていくのかな~と思う今日この頃でした。

ところで、るろうに剣心の感想はいずこ?……!!?

スポンサーサイト

動画の感想 | コメント:5 | トラックバック:0 |
<<違和感 | HOME | No.416:ド根性忍伝>>

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のコメント

ゴロさん
スイマセン、頓挫でした(汗)。いや~なんというか、もうゴロさんのところで祝ったしー、日にちも大分過ぎてしまったしー、みたいなしょうもない理屈が頭の中を旋回してしまって…。5行以上書く自信がないので、また今度機会があればにしたいと思います。

ナルトは期待できますよ~!なんと言っても、あのイタチ様が賭けた忍なのですから。カラスを媒体にナルトの中に放り込んだ力も活用してサスケは救われる気がします。。
2008-09-19 Fri 22:23 | URL | キロメータ #s/SogLEA[ 編集]
お誕生日記事は頓挫でしょうか(笑)

そー言えば、今のナルトのアニメのEDの侍姿のサスケはかっこいいですよね。大変似合っていると思います。し、今のと言うか今週のWJのサスケよりずっといい人です。(泣)

マダラに見せる黒いサスケが本心なのか、鷹に見せる仲間思いのサスケが本当なのか。頭を抱えます。そして、マダラの本意も…。

しかし、きっとキロメータさんのおっしゃるように サスケを闇から解放するのは ナルトなんですね!そう思うと救われます。今の嫌な展開はその為の伏線だと。

すごいとりとめのないことを書いてしまいました。どうぞ、スルーで。(^^;
2008-09-19 Fri 00:10 | URL | ゴロ #mQop/nM.[ 編集]
椿さん
どうも~。私も今携帯から見てみたのですが、YouTubeのところ完全に空白になっていましたね(笑)。あと、文字化けしていたり(例えば“…”は“&”になっていたり。あれ、でも今書いているのも化けちゃうな!前者が三点リーダ、後者がアンパサンド(アンド)です)。

ん~るろうに剣心はマニアックだったかな…一応昔ジャンプに掲載されていました(苦)(←負け惜しみ(笑))。あ、でもるろうに剣心は複雑な心理が描かれていると思います。剣心(主人公)の逆刃刀に秘められている想いは…これ以上はネタばれかも?(汗)

チャレンジどうもです。。


まくさん
情報&アドバイスありがとうございます。
NARUTOの13巻でしたか…。しかも、私の中にあった記憶の多くは虚偽な妄想でした(汗)。岸本先生にも悪いことしてしまいました(謝)。

あ、でも衝撃を受けた作品はるろうに剣心だったのですね。そうか~。そうかそうかうんうん(←自己満足のうなずきなので気にしないでやってください(謝))。

サスケの服…。確かに紆余曲折の末ああなったんでしょうね。でも、サスケからはサムライが感じられるんです。刀もそうですし。まぁわかりません。私の戯言です(汗)。

YouTubeやニコニコは大体違法だったとは…少しビックリです。確かによく閉鎖されている動画がありますもんね。ご心配ありがとうございます。でも、もしそれが違法動画でもブログとは関係ないと思うので、大丈夫で……でも、ホントのところどうなんだろう?ハイパーリンクくらいにしといた方が良かったのかな…。少し考えてみます。。。
2008-09-17 Wed 00:57 | URL | キロメータ #s/SogLEA[ 編集]
岸本さんが侍ものを描いていた、というエピソードはNARUTOの13巻66Pに「生い立ちヒストリー」の一節として収録されています。
忍者よりも剣士を描きたかった、というわけではなくたまたま投稿作の題材として選んだだけのようです。
丁度その時読んで衝撃を受けた作品が「るろうに剣心」と「無限の住人」だったという話ですね。

サスケの服は「者の書」に描いてあるとおり紆余曲折を経てあのデザインになったそうですし侍は関係ないと思いますよ。

あとyoutubeやらニコニコやらにUPされている商業作品は大体違法だと思うんで張らない方がいいかと、と俺は思ってましたが詳しくはググッてみたほうがいいかもしれませんね。
2008-09-16 Tue 18:26 | URL | まく #-[ 編集]
こんばんは!!
更新お疲れ様です(/^∇^)/


YouTube……やはりケータイからだと貼ってあるのは見れない(入れない)ようですね…
私パソコン持ってないもので…いつか買わなくてはと思っているのですが…(,´~`)

るろうに剣心ですが、小さい頃にアニメで見たのを少し覚えている程度の知識しかありません(汗)
漫画も昔ラーメン屋さんでチラッと読んでただけです(笑)!!

ただ漠然と面白かったのは覚えているのですが、「深い漫画」という思い出がなく、「侍物語」という概念しか持っていませんでした・・・・(反省)

るろうに剣心持っている友達がいないので、今度立ち読みでチャレンジしてみようと思います(^^ゞ
2008-09-15 Mon 18:41 | URL | 椿 #-[ 編集]

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。