FC2ブログ

NARUTOSTAR

WJ掲載の人気漫画『NARUTO-ナルト』について語るブログです。主に原作の感想、考察などを中心としています。最近はトリコ、バクマンなどにハマり、気になった漫画の感想もしています♪

改めて違和感

えーと昨日は前置きだけで実は終わってしまいました(汗)。でも、今思えばとても大事なことだったかも。まぁそれよりも今日はイタチです。イタチ、イタチ・・・

イタチと言えばもうすっかり善人になってしまいました。・・・いえ、別にそれを疑うわけではないですよ(苦笑)。いくら私が昔イタチの悪人説を唱えていたからと言って、原作であそこまで描かれているのに意地を張ることなんて毛頭する気はありません。

今回の話題はこの前貼り付けまくって、結局ハイパーリンクにしたというYouTubeの、今度は別のある動画についてで、懲りずにめげずにまたもや貼り付けます。大丈夫ですよ!今回のは商品用ではないと思うので・・・。4分少々ですが、まずご覧ください。








これは第一部のイタチを編集したものでしょう。いい感じに仕上がっています。イタチのカッコ良さがにじみ出ています。でも・・・

ん~、第一部のアニメバージョンを何度見なおしてみても、今のイタチさんにつながらないんです(私の観点では)。その・・・言葉で表現していくのは難しくてうまく言えるかどうか分からないのですが、瞳に違和を覚える。第一部のアニメバージョンのイタチの眼って、サスケの為に自らが犠牲となりそれを暴露することもなく胸の内に秘めてそれでもサスケや木ノ葉のことを思いやる悲しい瞳、ではなく、何か悟りを開きある野望追い求めるパワー溢れる眼、に見える(私には)。

なんだろう。目は口ほどにものを言うといいますが、まさにそれが違和感となってしまう。




ま、私の独り相撲である可能性は否定できないのですが、もし仮に第一部のイタチの雰囲気が合わないのだとすれば、これはおそらくアニメスタッフのアニメのクオリティの高さに依存するものなんではないでしょうか。

第一部ではイタチはサスケを残したのは高みを目指す為だと言っていました。己の器を測る為・・・。そして、暁の目的は尾獣という強大な力を集め、つまりこれも高みへのステップだと考えられます。そんなイタチは裏腹に実は悲壮を秘めていたわけですが、この地点ではそんなこと判りません。

だから、常に高みを目指す人域から抜け出た忍として、スタッフは製作したのだと思います。それがこの映像からは顕著に伝わってくる。まぁつまり、クオリティが高い!んだんだな~と思いました。

今後第二部のアニメ(疾風伝)で、これからイタチがメインとなるシーンは多々出てくるでしょうから、その表情に期待です。もうネタは判っているわけですから、スタッフの方たちはその路線で製作してくるでしょう。その秘めた微妙な表情こそイタチの見どころとなってくるのではないでしょうか。



と・こ・ろ・で・・・

では、原作の方はどうなのか。私は第一部のコミックを持っていなくて、この前ブックオフに立ち読みしに行ってきました(笑)。イタチの描かれているシーンを、イタチの表情をよーく観察してみる。するとどうか・・・



バリバリ悲しい眼をしていたじゃないですか!!



いや~参りましたよホントキッシーには。イタチを登場させた時からこのストーリーを思い描いていたんですね。私も原作をもっと読み返すべきだった。そうすれば真実が明かされる前から予想的中になったのかな?(←負け惜しみ)

そう言えば最近ジャンプにバクマンという漫画家を目指す漫画がありますが、漫画家にとって絵の才能って大切なんだな~と改めて実感しました。キッシーは特に人の感情を描くのに長けている気がします。気持ちや心情が伝わってくるというか・・・。

偉そうに解説してしまいましたが、今後もそういったところにも気を配りながら読んでいきたいな~と思いました。
スポンサーサイト




動画の感想 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<No.417:雷影、動く!! | HOME | 違和感>>

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のコメント

左右さん
お久しぶりです。そう言えば懐かしいですね~。金さんも含めて三人で順繰り話し合っていた時もありましたね^^

ん~、イタチは有終の美でいいんではないでしょうか(汗)。まぁ確かに不可解な闘いだった故生存説も否定できないんですけど。何か他にもあるんじゃないだろうか・・・と私も最初は勘ぐってたし。

でも、イタチの善人説を遂行するならやっぱり死ぬことに意義がある気がする。考えてみれば非常に美しい形でイタチは亡くなったと思います。

イタチって、戦闘でボコボコにやられたシーンは皆無で、もしイタチがこれ以上戦闘をしようものならそれなりの手負いを受けなければならないだろうし。

あの強さを保持する為に、イタチを戦闘で苦戦させない為には、残る闘いをサスケとの闘い一本で締めくくり、自ら命を絶つ形で死んでいくのが“イタチは最強だった”というイメージを永久保存するのに適しているのかな~と思いました。

しか~し、たとえこれからイタチが登場しなかったとしても、イタチについての話のネタは尽きませんな(ニヤリ)。まーまたきてください(笑)
2008-09-21 Sun 17:24 | URL | キロメータ #s/SogLEA[ 編集]
毎度ーーーーーーー
左右っでございます。

キロさんとイタチの話していたこと
思い出していました。懐かしい・・・・・・・

いやーー・・・・・・・・

キロさん!急にすんません(汗)

私はイタチ生存説諦めていないんですよ?
ただちょっと前に椿さんとやり取りさせていただいた時に
イタチは有終の美でいいのかなとも考えなおして・・
もうイタチ復活は厳しいのかなと思って寂しくなっている
そんな秋の夜長の左右でした・・・・
何のこっちゃW
キロさん!まーまたよらせて下さい!
2008-09-20 Sat 23:57 | URL | 左右 #3ofygqbY[ 編集]

この記事のトラックバック

| HOME |